skip to Main Content

赤ちゃんだって、おいしいものが食べたい!

昨日まで3回にわたってお送りした、
つぶつぶマザーや会員さんの楽チン子育て体験談、見ていただけましたか。

 

まだの方は、こちらからご覧ください。

 

生理不順を克服して、次男を自宅出産
早産だったが元気いっぱい、赤ちゃんの生命力に驚いています
離乳食がいらないと分かって楽チンです!
つぶつぶ料理は何でも作れるので、除去食のさみしさがありません
情報にふりまわされなくなり、楽しく育児をしています
ごはんとおっぱいだけで、しっかりした体つきに育っています

 

 

そうそう、月曜日のメルマガで
お子さまが野菜を食べなくって悩んでいる方のお話を
ご紹介したんですが、

 

その原因のひとつを
つぶつぶマザー・こばやしはつこさんが
ブログに分かりやすくまとめてくれました。
↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/happy-tubutubu-kitchen/entry-11626291523.html

 

 

〜〜〜以下、はつこさんのブログより〜〜〜

 

離乳食の野菜というと薄味のピューレ状の野菜。
大人が食べても美味しくないですよね。

 

でも、赤ちゃんだからこれでいいんだ~。

 

なんて誰が決めたんでしょう。

 

赤ちゃんだって美味しいものが食べたいんです。

 

塩の入っていないお湯で茹でてしまったブロッコリー、
何だか美味しくなかった~という経験ありませんか?

 

適度な塩味がないと、野菜などは美味しく感じられません。

 

人間の味覚はとってもよくできていているんですよ。
体調によって塩加減の感じ方も違うし。

 

 

塩分についてお話すると、
○男性や子供は活動的なので、女性以上に塩分を欲するということ。
○そして、質のいい塩であればとりすぎる心配がないこと。

 

例えば、甘いジュースを何杯も飲む事はできるかもしれないけれど、
塩カッライ飲み物を何倍もは飲めませんよね~。

 

そして、良質のほどよい塩は子供の成長にとっても、
人間のカラダの健康維持にとっても大切なんです。

 

「子供が塩辛いものを好んで困る」
というお母さんのお話を聞いたりすることがありますが、
心配無用!

 

質の良い塩は不必要な分はカラダから排出されるし、
子供の味覚は正直だから、塩分を欲するのはカラダが欲しているからで、
その時にきちんと塩分が摂取されれば、普段は必要以上は欲しません。

 

もしかすると、お母さんの味覚が減塩で、
料理の味が全体的に薄いのも原因かもしれません。

 

旦那さんも、同じように外食や、塩辛いもの、肉を好むようでしたら、
料理に塩が足りていない可能性大ですよ~~~

 

適塩は1パーセント。

 

塩分1パーセントのみそ汁がちょうどいいって感じの塩加減で!

 

赤ちゃんも子供も味覚はとっても敏感で、
適度な塩加減の美味しく味のしみ込んだ野菜は大好きです。

 

娘も、赤ちゃんのころ、味のしみ込んだ翌日のみそ汁の具が大好きでした。

子供の体は健全な成長のために適度な塩分を欲しているので、
しっかりと塩味の利いた野菜を美味しく感じます。

 

また、良く煮た野菜は、熱と味噌や醤油の酵素が消化を助けてくれるので、
実はお腹に優しい事を本能で知っているのです。

 

~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~

 

 

たしかに、、、

大人が食べても美味しくないものを、赤ちゃんには
「栄養がどう」とか「塩や油はダメ」とかいって食べさせるのって、
なんか根本的に間違っているのかも・・・?

 

もし、赤ちゃんがしゃべれたら
「こんな味のないやつじゃなくって、
お母ちゃんが食べてるそれ、食べたいんですけどー!」
とか言うかもしれませんね。笑

 

離乳食に関しても、いろんな情報がありますが

・おいしいと感じる味覚
・子どもは、自分に必要なものを本能的に分かっていること

 

をまず基準にすると、
何を食べさせればいいのか、が分かってくるかもしれません。

 

 

つぶつぶナビゲーター
坂本智佳子

 

 

 

PS.
楽チン子育てについて、もっと知りたい!という方は
こちらから、無料動画に登録してくださいね。
↓ ↓ ↓

kosodate_toroku


365日毎朝届く雑穀×ビーガン×おいしい 未来食つぶつぶレシピメルマガ

詳しくはこちら»

Back To Top