975gで生まれてきた息子 / 河井美香(1/3)

icon_mother

結婚し、

あこがれのニューヨークで

大手企業のエリート社員の妻として

幸せな生活を送っていたはずのわたし。

 

でも、心はなぜか満たされなかったのです。

blog_mo_kawai

自分より上の暮らしをしている人や

良いものを持っている人がうらやましくて

寂しくて、毎日日本に電話をかけて

泣いていました。

 

子供ができないことも悩みの種でした。

そして、不妊治療を受けようかと思った直後

ようやく授かった子供が

まだ皮膚も形成されていない

妊娠7ヶ月で生まれるという現実に直面しました。

 

生まれてから、抱くこともできずに

集中治療室でバイプだらけの

小さな息子を

ただただ見ては泣き続ける毎日でした。

 

医者からは、6歳までが限界と言われ

失明の可能性などたくさんの問題を指摘されて

薬漬け、医者通いの日々が続いていました。

 

重症のアトピーも喘息も出ていたので

小麦、大豆の除去食もしていました。

 

夫は、家族は同じものを食べるべきという考えだったので

家族で除去食生活でした。

 

これが一生続くのかと

暗澹たる気持ちをなんとか晴らすべく

自然食情報なども集め始めました。

 

息子が3歳の頃に、ママ友が

「ゆみこさんのレシピはどれもおいしいよ」

とつぶつぶのことを教えてくれ、

その足で、つぶつぶカフェに向かいました。

 

息子とふたり無心でヒエのフリッター、

高キビハンバーグ、

もちアワ春巻きを

夢中で平らげました。

 

「なんておいしいんだろう!

肉も魚も卵もなしとは思えない

こくのある満足なおいしさ!」

 

小麦も味噌も入っているのに、

息子も全然体調を崩しませんでした。

 

そして、ショーケースに並ぶ

キラキラまぶしい

つぶつぶスイーツたち。

 

「こんなスイーツを息子に食べさせたい」と、

その日に未来食サバイバルスイーツセミナー

(現 未来食セミナーScene2)に申し込みました。

 

セミナーでは、食べることだけではない、

くらしのこと、環境のこと、体のこと、

今まで誰も教えてくれなかったことを

ゆみこさんが熱い愛を込めて教えてくれました。

 

さらに、1升瓶片手に、醤油をジャーッと入れる

ゆみこさんの姿に無性に惹かれ(笑)、

「これで行こう」

そう思い、その日から、病院通いも薬も一切やめました。

 

以来13年、つぶつぶ料理を、毎日毎日、

ただただ楽しんでいたら、

息子は、どんどん元気になって行きました。

 

失明もせず、アトピー性皮膚炎完治。

10歳まで続いた喘息も克服。

 

何より、「6歳まで生きられない可能性がある」と

出生時に宣告されたにも関わらず、

誰よりも体力があって、

未熟児だと誰も信じないくらいのがっちり体質、

身長も高校1年生で170cmになりました。

 

カルシュウムとかタンパク質とか一切考えず、

食べて来ましたが、未来食つぶつぶが提案する

「穀物率80%」の食事で、まさかここまで育つとは、

正直、当のわたしもびっくりです。(笑)

 

思春期真っ只中ですが、驚くのが体臭が臭くないこと。

歯磨きをしないわりには虫歯がないこと。

失明の可能性があったにも関わらず視力がいいこと。

 

高校生なので、ノリでたまに、友達とコンビニで

買い食いすることもあるようです。

 

彼が自分でいろいろ経験して、

そして自分で気がつけばいいと見守っていましたが、

先日「外の食事にはうまいものはないな」

とつぶやいていました。

 

内向的だった性格も今ではどこへやら。

誰とでも話せるという特技を持ち、バンドを組んでライブに出たり、

体育祭で応援団をやったり、今はブラジルの打楽器に夢中で、

いつかブラジルに行くと、やりたいことを100%楽しんでいます。

 

 

思えば、あの日から13年。

何のガマンもいらないおいしい食生活「つぶつぶ」

に出会ったおかげで

風前の灯だった息子のいのちが

今、こんなにも輝いています。

 

目の前に起きた自分の不幸を嘆き、

息子の未来を心配して、

泣いてばかりいたわたしに起きた

この奇跡を伝えたい。

 

今、泣いている人がいたら、

「大丈夫だよ」と教えてあげたい。

 

 

そう思い、日々、熱い思いで

つぶつぶマザーとして活動しています。

 

 

つぶつぶマザー

河井美香

 

> つづく(1/3)

 

 

 

PS.

 

当初は、息子に起きた奇跡にばかり意識が行っていましたが、

ふと気づいてみたら、わたし自身にも大きな奇跡が起きていました。

不安・不満体質から、安心・幸せ体質にすっかり

生まれ変わっていたのです。

 

次回は、わたしに起きた奇跡について

書きますね。